WOW HUH
Ken Kagami
interviewed by Évita Yumul



Art in Tokyo is often self-indulgent, self-satisfied, and selfsame; that is nothing new. There's a general lack of much (in terms of art) to mine. I chance upon Strange Store on a walk home, and Ken Kagami obliges to a rapid-fire of questions. I Google every last interview with him to develop yet another in the strict demand for more than pillow talk.°

Ken, at his studio in Kiyosumishirakawa, between 9 and 11pm:

. . .

Have you ever eaten shit?
Shit? No. But when I was a child, I would skewer dog poo with a branch and fling it from the overpass, onto cars.

Did you hit any cars?
No. I’ve liked shit since I was little, but, scatology isn’t for me. But I like it as a show, as entertainment.

Its entertainment value -- its filthiness?
It to the end of motivation for the art, as a base, scatology or shit, for me, is material. Rather than filth, you know, people immediately avoid and write off shit. Especially adults. Kids like saying it, poo, poo... But we all take a shit everyday, you know?

What, for you, is the appeal of staging fakeness? This has come up several times in past interviews, describing yourself zoomed into the television beneath a blanket, in your use of the word boredom.1 That can’t be faked.
Fake, or made-up, that’s related to childhood, when I used to play haunted house, scaring people with fake shit and severed arms and things... It is an extension of that, just riding on the context of art. However, it’s not to scare people, the fake as material for art neutralizes and mediates the effect. I really hate, say, putting up a photo of a real chopped arm. Similar happenings, accidents like those are no good, but an arm flying off in a horror movie, that feels really pop to me.

And violence in your work? Do you stage violence when you draw?
I don’t think it’s like that, but I do laugh to myself, about the things I am making, which is quite important; that I’m not making someone laugh or trying to surprise them. It’s fun unto myself. So I’ll draw, and murmur to myself, Oh, shit...

Does the compulsory laugh (at your work) suffice as a response?
I can’t really care too much about the response from the viewer. The work is received on two extremes, where those people who will laugh will laugh, and those who do not respond will not. The motifs are sexual, so... I don’t have anything against people without a response. Perhaps, rather than laughing, it would be interesting to see someone crying. But it all depends on the individual, so what they think doesn’t bother me. When people say good things, it’s fine.

Cry, as in --
Once, before, when I had a show in Beijing, the work I placed in the middle was E.T. on the crucifix, with a boner. Then a Christian lady came up to me, got mad, saying, “Why would you put E.T. on the cross? Explain this!”, which was amusing. Depending on who views the work, it can be taboo, but I am not at all making work to challenge taboo. So some people may feel bad, and a majority think that it is just stupid, which can’t be helped.

To provoke in some way --
I do watch a lot of news, I mean, I love it, everyday happenings or accidents. Preference aside, perhaps it affects the work, the parts of it that are cynical. Some people tell me that the appearance of the work is pop, sexual, and cute, that they find it cynical when they look closer. Maybe that makes people feel bad, but I guess that’s what happens because my mind also thinks cynically.

Take the anti-nuclear movement, for example. Many people take action against it, then they just put in on top of the art work; I’m not interested in that. Instead, I use dumbish incidents as subjects; I’m not at all interested in movements that try to tackle social problems. Dumbish news.

Damaged? Sorry, I missed the word.
That’s fine. Dumbish, damaged news. Do you remember when Tiger Woods had many lovers? I happened to have a kids’ plastic golf set that I found outside of Japan, it had the balls and pins in the bag. I put a photo of Tiger Woods in it and replaced the balls with vaginas, and that sold right away. So it’s not. It’s not social activism or anything like that...

Sexy as aesthetics -- is that the same as perverted? What is your criteria in perverting and sexualizing these figures and images? Where does it start?
It is. Back to Tiger Woods. He was so rich, played golf really well, smart, but that was still unsatisfactory, so he took on many lovers. In that, things were turned upside down. That’s when things become intriguing. Criteria -- It might simply be that I am making things that interest me, maybe it is self-centered in that way. But there isn’t anything I find terribly engaging here. I want to be surrounded by what’s interesting.

Take color. The work is colorful. At exhibitions, people tell me that the colors are beautiful. It’s very unlike work here. I would use vivid colors in coloring books when I was little, the sensibility has stayed with me. It’s important to think about how colors stand out in a white cube space.

The white cube, does it suit the work?
Well, I like showing in many places, most of the time it’s white cube, with simple installations. It looks strong when there are few elements. I like showing in fews, in galleries like that. In the future, I’d like to work on something more public, like an exterior environment. The work is executed according to the opportunity, the place, it doesn’t have to be anywhere specific.

Is there anything that you will not, or do not care to, sexualize? Can everything be sexualized?
80% becomes sexual and 20% remains not sexual, like this painting of a crushed mosquito [he points it out and we walk across the room]. This one is good, right?

That and the offset Silica Gel grid [above and to the left of the mosquito canvas] --
It’s for an exhibition at Nadiff, the bookstore and gallery, where 30 or so Japanese artists bring a painting, something within a meter square. [.../(~38 words)] Which is all square.

So the remaining 20% are others that are not sexual, but maybe the mosquito can be sexual if I crush it when it rests on my crotch... but I really appreciate conceptual art outside of Japan. Not anything too difficult, but those that are rather pop. Like the person who cuts houses in half.

Matta-Clark? What else?
Other people?

Not necessarily.
Maybe not names, but works that have impressed me, like in one art fair outside of Japan, there was a pair of business suits strewn in the corner of one booth, attaché cases and leather shoes and the like. I thought maybe someone had just taken off their clothes there, but that was the work... or when I went to Frieze in London, there were 30 people lined up where it wasn’t the entrance, and that was the work, I might like art that works with unexpectedness.

Others, like a performance by an American artist outside of Frieze about 8 years ago, he was duplicating paintings by famous artists like Murakami, Nara, or Damien Hirst, in a flea market set-up. Something like that is appealing, when the work accomplishes things you’ve never thought of before. The way of showing the work, or even concept, Martin Creed making runners run in the museum, why this, why here, is exciting. Not just placing paintings or three-dimensional somethings, but Urs Fischer hollowing out the floor of Gavin Brown. If you can, then you should.

In a recent interview with Chavalada, you mentioned that your Strange Store work is “distinct and separate” from your work as an artist (/art). What constitutes and qualifies the distinction?
That is a store. A store that does not sell art, but where you can buy something that is like my work, but that is not good enough. I have other things like clothes, because I really like clothes, used clothes, my printed bags, things that indicate my own taste, since you rarely find those places in Tokyo. Usually everything has gone through too much taste. I don’t want to make it a clothing store, but it is a store, so you have to make money. I can’t just go crazy with it. Within this limit, I try to provide something funny, but I remind myself to switch out my mind so that it remains a business, one step away from art, just before it turns into art. KEN KAGAMI MUSEUM GIFT SHOP STRANGE.

Is it fair to say that you obliterate reference with your art when compared to work for Strange Store?
Yeah, that’s true. I have always been sickened by Japanese art that rides references. Art cannot change things, never. It will never bring peace [points to a Yoko Oh No bag]. Everyday, I am frustrated, thinking, Japanese art does not make any sense.

Artists are allowed to lie, I think it’s sick, that brand of art that claims to be for earthquake disaster reconstruction, or I used debris from the tsunami. It makes no sense. It’s teasing, kind of pop right now, but I don’t get why people subscribe to it.

It’s abusive --
It’s ridicule.

Your publications, zines--where do they lie on the Strange Store-Art continuum?
Zines are on the side of art, but one meter before art. The art is just straightforward, but with the zines, I think of the difference with those by others. Either way, I’m being conscious in trying to make simple things, more than a concept and so on. Simple. But not reductive, not minimal.

Is there a difference, for you, between drawing and illustration?
I have drawings that I show at the gallery, there are others for clothing companies, like fabric, t-shirts, bags. For the latter, I’m told to bring out Kagami-ness, but for me it has to work with the clothes. That’s 100% business, those ends belong more to design. Really, I just use my brain differently.

When we last spoke, you mentioned that you’ll be in a two-up, a show in July at Misako & Rosen, that it will be sexy. Who is the other artist you’re working with?
Trevor Shimizu. He paints, they’re funny paintings, maybe technically bad but the work is tasteful, he has really good taste. He’s represented by 47 Canal. He is very cynical, like me. I think it will be an exciting show. 2

Are you working with Trevor directly? How does your work support/complement his, if at all? And vice versa?
The theme is HOT. So something like this suntanned ass, I’m thinking of putting it up on the wall, or that shark, the bikini on that white man. I heard he’s making beach paintings. Hot, hot. We have been talking for a while now, we’ll produce under the theme hot, and put them in the gallery at random. This [points across the room], that’s also hot, right? I mean, it’s all hot. And, since it’s summer, I’ll make it a bit sexy.

Is Trevor’s work also sexy?
Sexy, sexy, but very different from my work.

How has it been, working with Misako & Rosen?
It’s Japan. The staff is Japanese. When I show elsewhere, the staff at Taka Ishii translates for me.3 When it’s in English, it’s different. The response to the work is more involved outside of Japan.

Specifically...
Like I said earlier, Japan has a shut-down moment for things like these [pointing to his work]. They might think it is interesting, but they can’t say anything at all. They don’t. Elsewhere, the people and character are different, and they point out specific parts of the work. That doesn’t happen here. Do you think that more difficult art is appreciated by Japanese people? I feel as though people like those things. I just don’t get it, why they do.

Art, and what can be mistaken for it here, is made falsely difficult. With little consequence. So, yes.
[... /(~82 words)] At Taka Ishii, in my ten years with the gallery, I have never been asked to explain the work. I thought that was a good thing.

The artist is allowed to demand some knowledge from the viewer and the gallery, they have some obligation.
Yes, that’s close.

Artists here don’t demand very much, insistence is somehow impolite. Meaning, then -- in the format of past interviews, you’ve offered one-liners, or get away with them. You’ve been able to say the work simply doesn’t mean anything.4 Is your work (at all) an opposition to meaning?
I’m not conscious of that. I’m not applying meaning while making, the work isn’t developed as a guide for meaning through some end product, so it depends on the viewer. Besides that, you don’t really think when you look at these things, how this is and so on. I mean, it’s not conceptual, it’s fairly immediate. To seeing. See, like these, Brad Pitt’s Socks are something I wore, same with Brad Pitt’s Underwear, and this too [he points to a paste/-haste-up of a painting, improved by two images: a recoiled penis to the left of a thumbed up Full House-era Olsen twin], the penis is the same size as her thumbs up. It’s quite okay when people respond by saying the juxtaposition is crass.

Your work, is it different or is it new?
New to myself.

When I see new things through making, or things I haven’t thought of in, say, the past month, that’s pretty ideal. Like this suntanned ass, I’ve had this idea for a month now, I was excited to put this tan on it, really excited.

In general, is newness disabled in Japan?
Newness and ideas are lost in words like creativity and originality here. I focus on bringing out what turns up in my brain, some pure form; if the result is something substantial--then originality can be discussed, but it’s not a focus, it doesn’t resort to that. The materialization of these things, it’s fun.

But unfortunately, it’s hard to feel like there’s anything new in Japan. I feel like Japan just can’t win, where people confront the art context with things like anime, what the world has come to identify with Japaneseness. That Japaneseness itself is restrained thought, and not new. But in the art world, people desire those things, and Japanese people allow themselves to think that’s good. I think this is off-putting, and, to be contrary, we have to deny that. But like politics here, we make that impossible.

Art as engaged --
The perspective is narrow here. We’re at a loss for young and interested.

Where do we find that?
Just walking around perhaps. Strange Store. I mean, a lot of interesting people come to Strange Store.

Can I touch this [a boob pillow, teeming plush, one of about 20 in the corner behind me]? Did you sew this?
Go ahead. That, I bought at a dollar store in Kabuki-cho. I bought them out, but that was a while ago. Others, I’ve made.

That’s important, especially here, not making things, or knowing when to not.
That time is better spent looking for and considering material.

Have you stopped dressing in women’s clothing?5
When I was in elementary first grade, I asked my mother if I could wear my sister’s one-piece (dress), and I wore it and walked down to the park. And my friends said, Hey, you’re dumb, wearing girls’ clothing. Which was very fun, I still remember that. I don’t know, but maybe that’s related to my work. My mindset hasn’t really changed from childhood, that sense of saying poo or dick -- I’m almost forty.

It can be understood in the framework of art, and outside of it, when people question it. When our parents come to the show, they don’t really say much, their presence is also very normal. But for my friends, they’re astonished that our parents are there, since the paintings are not ordinary. So my friends are convinced it’s art.

How do you know when to stop?
It works in the same way as dressing oneself. I put on these pants and that shirt while standing in front of a mirror, fix them up a bit -- maybe the hem should be shorter, or maybe I put a hat on. As an example, this backpack turned sideways is a vagina, with hair attached just above the [front pocket] zipper. Very simple. But if you do this [he inserts a dildo in the front pocket of the backpack], it’s no good. Other people would do that, it’s no good. This [props up backpack], just this is better, finished. Just simple. Another [he grabs a figure 8 boob pillow and a red-ribbonned, short-brimmed straw hat], these two are separate, I put them together, like this. It’s finished. [He replaces the straw hat with the white Mickey Mouse cap he’s wearing] The boobs can’t wear my cap. If you do this, it’s not funny.

So you work on these connections, itemize conditions.
The decisions are very precise and simple. It very rarely consumes time, I make something and leave, then a month or a week later, I return to it. I may revise it.

It’s just about timing.







Comments may be directed to Ken Kagami or Évita Yumul.
Thank you Rae (reader), Yu Morishita (translation, transcript).

コメントは直接 Ken Kagami または、Évita Yumul までお願いします。
Rae (読み手)、Yu Morishita (通訳)、ありがとうございます。


---

1 Ken Kagami? 2:03-2:18; Chavalada, A9.

2 Trevor Shimizu; Also, TS images << 47 Canal; Misako & Rosen, the show opens July 29th.

3 Taka Ishii, gallery.sora.

4 Beefmaster, A9; Cat’s Forehead, A6; Chavalada, A4; Public-Image, A9.

5 The Extra Finger, Q1.

° See, http://bit.ly/kenkagami-pillowtalkshirt
a. Untitled, 2012. Four drawings, sign pen on A4 fax paper.
を構成する4つのドローイング. サインペン、A4のファックス用紙
東京におけるアートはその多くが自己耽溺的、自己満足的、そして自己同一的で、そのことは目新しいことではない。ここには、アートに関して掘り下げていくものが、全般に欠けている。帰路の途中、Strange Store を偶然見つけ立ち寄った時、加賀美健は突然の質問攻めに答えてくれた。それから彼のこれまでの全てのインタビューをGoogleし、ピロートーク°(睦言)以上のものを妥協なく要求する為に、このインタビューを作成した。


a.

加賀美健と清澄白河のスタジオにて、夜の9時から11時に:

. . .

うんこを食べたことはありますか?
うんこ?ない。けど、子供のときよくやっていた遊びが、枝に犬のうんこをつけて、歩道橋から車にめがけて投げていたのはある。

車に当てたことは?
ない。うんこはわりと若い頃から好きだったのですけど、スカトロジー的なものは、実際自分は駄目で、だけど、あくまでもショーとして、エンターテイメントとして好き。

エンターテイメントとしての価値ー汚ならしさということ?
あくまでも、アートの動機として、何かベースとしてのもの、アートの材料としてスカトロジーや、うんこがある。汚さというか、うんちって、みんな毛嫌いするでしょ。特に大人は。子供はうんこ、うんこって好きだけど...みんなうんこ毎日するから。ね。

偽物的なものをつくることに求めていることは?これまで幾つかのインタビューで、飽きているという言葉を使っていたとき (1) に、ブランケットをかぶせてテレビを間近で見入っていた話とか言っていたけれども、それというのは、作り事としてではないのでしょ?
偽 物、作り物、何かそれも幼少期の頃のことが響いていて、お化け屋敷ごっこみたいに、そういう時に偽物のうんこで脅かしたりとか、ちぎれた腕とかで脅かした りとか、そういうのの延長、それがただ今はアートにのっかっているだけで。だけど別にびっくりさせようと言う訳じゃなくて、ただアートピースをつくる材料 として、偽物を使うことで、中和されるというか、本物の腕が切れた写真を飾るとか、そういうのは、全く嫌で、そういう事件とかも大嫌いで、事故とか、全然 嫌で、でも、ホラー映画の中で腕がちょん切れちゃったりとか、ああいうところがすごいポップに感じます、自分には。

作品の中で暴力的ということに関しては?ドローイングをするとき、暴力ということを設定し、求めたりしている?
そ ういうことはないとは思うんですけど、だけど作っていて、ただ自分で笑っちゃうんですよね、自分の作っているものに。それが結構、肝で、なんかこう別に、 誰かに見せて笑わせようとか、びっくりさせようとかではなくて、まず自分が面白いのが重要というか。だからヤベイなとかいいながら描いています。

作品を見る人が、準備されたように笑うという反応に満足していますか?
な んか特に、反応は気にしないです。僕の作品は両極端で、笑う人は笑うし、無反応な人は無反応だし、モチーフが性的なので、、、反応がなかったからって別に そこで畜生とかないし、ただ笑ってもらって、というか、泣いてしまう人がいても面白いかと思うのですけど、感じ方は人それぞれだから、どう思われようが気 にならないですね。いいこと言ってくれたらそれはいいですけどね。

泣くというのは?
一 回昔、北京で個展をやったときに、十字架にE.T.がくっついていて、おちんちんが勃った作品を真ん中に飾ったら、クリスチャンの人が、怒りだして、「な んでE.T.が十字架に、説明しなさい」とか言われて、それは何かハプニングで面白かったですけど、見る人によっては、わりとタブーだったりして。ただ、 そのタブーに挑んで作っているわけでは全くないから、気分を害してしまう人も中にはいるのですけれども、ほとんどの場合は、バカだな、という感じですね。 もうどうしようもないや、みたいな。

何かを挑発するー
そ れは、ニュースとかすごいよく見るんですよ、大好きで、日々の事件とか、出来事とか。好きというか、そういうのが、作品に多く影響したりとか、こうシニカ ルな部分が入っているじゃないですか。だから、気に触れてしまう人もいるとは思うのですけれども、わりと見た目がポップで性的で可愛いのですけれども、以 外とよく見るとシニカルだったりしてると言われたりするから、多分自分もそういうシニカルな考え方なんだよね頭の中が。

だ から例えば、今は、原発とかあるでしょ、でそれに対してみんなアクション起して、それを作品に乗っけているのがほとんどでしょ?そういうのには、全く興味 ないんですよ。それよりかは、アホな事件の方を作品の題材にするとか、社会派には全然興味がないというか、Dumbish news というか。

Damaged? ごめんなさい、言葉を聞き間違えたみたい。
大丈夫。Dumbish, Damaged News。タ イガー・ウッズが何人も愛人いた時期あったでしょ。あの時に丁度、海外で見つけた子供のゴルフセットを持っていて、ボールとピンとかが、開かないようにプ ラスチックに入っていて、そこに、タイガー・ウッズの写真いれて、ボールを取り出して、マンコを幾つか入れたやつがあったんだけど、それはすぐに売れた。 なので、社会派とかそういうのでは全くないですね。

セクシーということを美学としてーそれはひっくり返すということと一緒ですか?これらのかたちやイメージをひっくり返すときのクライテリアはありますか? どこからはじめますか?
一 緒ですね。話は戻りますけど、タイガー・ウッズってあんなにお金持ちで、ゴルフが出来て、クールでスマートなんだけど、何かって、あんなに何人も愛人がい たことが分かって、ひっくり返っちゃったわけじゃないですか、だから、そこに興味があるというか。判断の規範、動機?ただ自分が面白いものを作っている、 という感じですか?ただ、世の中に面白いものがなくて、そういう意味で自分中心的かもしれないですね、自分が面白いものに囲まれていたいというのは。

色とか、色がカラフルで、色使いが綺麗だっていうのは言われますね。日本の作品っぽくないて言われる。塗り絵とかもこういう派手な色を使っていて、子供の頃の色彩感覚が残ったようで。あと、色が綺麗なのって、映えるでしょ、ホワイトキューブとかに、そういうのも重要で。

ホワイトキューブは自分の作品に適していますか?
色々 なところでやるのが好きですけどね。真っ白のホワイトキューブでシンプルなインスタレーションを大体するんですけど、あまりごちゃごちゃさせないほうが、 ストロングに見えるというか。そういうギャラリーで展示するときは、少なく見せたいですね。将来的には、もう少しパブリックな作品も作りたいですね、外に あるようなものとか。場所と機会が与えられればそこで、何か違うやり方を僕は考えられるので、別にどこでやってもいいです。

何か性的にしないもの、しなくてもいいと思うものはありますか?それとも全てのものが性的になり得るのですか?
8割が性的になって、2割が、not sexual、こういう[スタジオの反対側の壁に歩いて]蚊が潰されたペインティングとか、こういうのも好き。いいでしょ、これ。

それもだし、シリカジェルのグリッドがずれたやつとか[蚊のキャンバスの左上にある]ー
Nadiff、本屋とギャラリーでの展覧会に出すやつで、30人ぐらいの日本人がメートル平方内の大きさの絵を一枚持ち集まって、[.../(122文字)]、それって ▢ だよね。

20%は、それ以外の性的でないもの、けど蚊も性的なのかな、股間部に止まったときに潰したり。けど、海外のコンセプチャルアートも、大好きなの。あまり難しいのではなくて、結構ポップな作品とか。家を半分に切っちゃう人とか。

Matta-Clark? 他にもいる?
他の人?

人でなくてもいいけど、
人 というか、作品が面白くて印象に残っているのは、海外のアートフェアとかに行って、ブースの角のところに脱ぎ捨ててあったの、スーツが。サラリーマンみた いな。アタッシュケースと革靴が転がっていて、誰、こんなところで脱ぎ捨てたのと思っていたら、それが作品だったりして。後、ロンドンのFrieze 行ったときに、入り口じゃないところに30人ぐらい人が並んでいて、それが、作品だったの。意表をついたっていうか、そういうのが好きかもしれない。

他 にも、Friezeの外でやっていたアメリカ人のパフォーマンスで、有名な村上とか奈良とかダミアンハーストとかのペインティングをそっくり描いて、フ リーマーケットみたいなのやっていたやつとか、8年ぐらい前だったけど。だから、考えも付かないようなことをやっていると魅かれるかもしれない。展示の仕 方とか、コンセプトとか、Martin Creed が美術館の中で走らせたりとか、こんなことを、何でこんなところでやるんだと思うのが面白いと思う。絵とか立体とかを飾るだけということではなくて、 Urs Fischer が Gavin Brown の床を抜いてそれを作品にしたものとか。やれるものならそういうことをやれるというのが、面白いと思う。

最近の Chavalada とのインタビュー の中で、Strange Store はアーティスト(アート)としての作品と「性質の異なるもので、別もの」と言っていましたが、この違いの基準となるのは何ですか?
あ れは、お店です。作品を売らないで、ちょっとした作品っぽいのは買える、でもそれだけではつまらないから、洋服、古着とか大好きですので、それも置いて、 プリントしたバッグとか、個人のテイストがそのままあるというお店は東京にあまりないから。いつもこう混ざっているでしょ色々。ただの洋服屋にはしたくな くて、でも、お店なので、お金は入ってこないと駄目で、あまり突拍子もないことはできくて、その範囲で、ぶっとんで面白いものを心がけていて、ぎりぎり アートに転ばないようにしたビジネスであるように、頭を切り替えているつもりです。KEN KAGAMI MUSEUM GIFT SHOP STRANGE みたいな。

Strange Store においてあるものと比べて、アートでは、レファランスを消していると言うのはフェア?
そう、日本はみんなレファランスとか引用に乗っかって作っていて、それが昔からすごく気持ち悪くて。アートで何も変えれないんですよ、絶対、平和にもならないし[Yoko Oh No のバッグを指差して]、日本のアートというのは訳分かんないなと日々いらいらしているんですよ。

みんな嘘つけているんだよね。なんかそれが気持ち悪くて。ああいう復興の為とか、津波の廃材使ったとかいうアート、訳分かんないなと思うんだよね。ふざけてやっている、ちょっとポップなやつとか、日本ではそれに賛同する人がいるというのが、何でなのかと思って。

侮辱的なー
嘲笑っているよね。

出版物、zines ーこれは Strange Store とアートの間のどの辺りに位置づけられる?
Zines はアートよりなんだけど、アートから1メートル前。アートはド直球な感じで、Zine は、わりと、みんなのとは違うものを作ろうとしているところがある。どちらにしろ、シンプルなものを作ろうと心がけている感じ。コンセプト云々よりも、シ ンプルなものを目指している。ミニマリズムとかリダクションとはまた違うように。

自分の中でドローイングとイラストレーションの違いはある?
ギャ ラリーでみせるドローイングっていうのはあって、他のは結構、洋服の会社とかからの仕事でやってるのがあって、生地とか鞄のデザインとか。仕事の方は、打 ち合わせとかして、加賀美さんらしさを出してくれって言われるんだけど、全部出しちゃうんとこうなるじゃない、だからやっぱり洋服にしたら合うのをデザイ ンにしているから、100%出し切ってデザインはしているけれども、それは仕事としてやっていて、アートとは別。違う頭の使い方をしていますね。

この前話したときは、7月に Misako & Rosen で二人展をするって言っていて、セクシーなものになると。一緒に展示するアーティストは誰ですか。
Trevor Shimizu。絵描きで、ファニーペインティング、下手なんだけど味がある。47 Canal に所属するアーティスト。彼も僕と一緒で、すごいシニカルなの。だからすごい面白い展覧会になると思います。(2)

Trevor とは、作品を一緒に作っていますか?その作品はお互いをサポートし合いますか、もしそのようなことがあるとすれば。
テー マがHOTというので、ほら、こういう、日に焼けちゃったおしり、これを壁に飾ろうかなと。その辺のサメとかね。男性白人がビキニはいたやつとか。彼は ビーチペインティング描いてるらしくて。HOT、HOT。前から話していて、でもお互いHOTをテーマにして作る、それをギャラリーにランダムに飾るって いう感じ。なんでも、[部屋の向こう側を指差して]こういうのもHOTでしょ。これもいけるし。全部HOTだけどね。夏だから、ちょっとセクシーにして。

Trevor の作品もセクシーですか?
セクシー、セクシー、だけど、僕のとは全然違う。

Misako & Rosen でやるということは、これまでと比べてどうですか?
日本だからね。ほら、日本人のスタッフがいるから、外国だとタカ・イシイの担当の人に間に入って通訳してもらって(3)。英語だともっと違って、というのも、海外で展示した方が客の反応が面白いですね。

具体的には...
例 えば最初に言ったみたいに、日本人ってこういうこと[作品を指して]をシャットダウンするじゃない。本当は面白いと思っているんだけど、意外と口に出さな いとかあったりするんだけど、向こうの人は、人種とか性格の違いとかあるんだけど、ただ、ここのここがいいねとか言ってくれる。日本はそういうのない。日 本では、もっと難しいアートの方が好まれるのかな、日本人ってそういうの好きだよね。思わない?なんでなのかよく分かんないんだよね。

日本では、アートとか、それと間違えられてそう思われているものとかは、あまり重要性を持たないまま、意味もなく難しくされていると思います。だから、YES ですね。
[.../(254文字)]それからタカ・イシイに行ったんだけど、もう十年ぐらい、一回も説明をしろと聞かれたことないですね。だから良かったなと思って、それは。

アーティストは、見る側とギャラリーに対して何かを求めても良い、見る側に義務を持たせるような。
そう、そんな感じ。

日 本のアーティストはあまり要求することがないですね、主張することは、無礼であると思っているとか。では、意味ということについてーこれまでの過去のイン タビューの形式では、作品に意味はない (4) という一言を返答してきたり、それで良しとされて来ていますが、作品が意味ということに対峙するものになるように、と考えていることはありますか?
  そ こは意識していないですね。作るときに意味をもたそうとか思っていないし、最終的に作品が意味をもつように促してもいないですし、だから、見る人がどう感 じるか、それよりも、あんまり、こういうの見ても考えないでしょう、これはどうなんだろうな、なんていうのは、僕の作品はあまりコンセプチュアルではない から。見てすぐ。ほら、あのブラッドピットの靴下なんて僕が履いていた靴下だし、僕が穿いていたパンツだし、これだって[フルハウス 時代の オルセン姉妹が thumbed up しているものの左に、萎縮したペニスを置いた二つのイメージからなるペインティングを指差して]ペニスが彼女の親指をあげた拳と同じ大きさなんだよね。こ ういう置き方はこういう人に失礼じゃないかっていう人が現れてもいいし。

あなたの作品は相違的でありますか、それとも新しいものでありますか?
自分にとって、新しい感じ。 先月考えがなかったものが、作ることによって新しいことが見えた時とか結構うぇ〜みたいな。 この日焼けしたお尻とか、もう、一ヶ月ぐらい前からアイデアがあって、絶対に日焼けの跡をつけてやろうと思って、わくわくしていた。

一般的に言って、新しさということは、日本では無力化されていると思いますか?
新 しさとかアイデアとかは、オリジナリティを出すとか、クリエイティビティを持つとか、そういうのに失われていて。自分は、ピュアな感じで、頭にフッと浮か んだものをスッてちゃんと出せるかがポイントで、最終的に見て、自分ですごいやばいなと思ったらそこにオリジナリティがあってもと思うけど、最初からそう

いうことを考えるということはない。如何に自分の頭の中の思いを出せるかというのが結構楽しいですね。 

日 本で新しいものは残念ながらないんだろうね。そこはやっぱ勝てないというか、だからアニメとか、日本らしさとかを使って勝負していたりするのだけれども、そういう日本 らしさというのもね、そういう考えが自由でないなという感じがして、新しくないなと。けどアート界では海外でもそういうのが求められているのだろうね、で 日本人ってそれを良いとしてしまうんでしょ、それが気持ち悪くて、逆にそういう人たちを否定するぐらいに行かないと駄目であって。だけど政治と一緒でそう いうのを言えなくさせているというのがあるだよね。

主張をするアートー
何かほら、島国って感じだよね、視野が小さいなという。若くて面白い子とかいっぱいいると思うんだけどね。

どこにいるの?
歩いているんじゃない。Strange Store にはすごく面白い人来るの。

これ触っていい?[よく綿が詰まっているおっぱい枕、自分の後ろの角に20個ぐらいある内の一つ]これは自分で縫ったの?
どうぞ、これは歌舞伎町の100円ショップで売っていたの。こんなになってお店に置いてあるの全部買ったの。随分前だったけど、他のは自分で作ったのもあるけど。

それは、重要なんじゃない?特にその作らないということ、あるいは、作らなくていい時を知るということ。
それがポイントだったりして、その時間を材料探したり、選んだりするのに使ったり。

女装するのはもうやめましたか?(5)
小 学校一年生の時に、お姉ちゃんのワンピース(ドレス)を着たいって母ちゃんに言って、それで公園とか歩いて行ったの。あ、何だお前そんなの、女をワンピー スなんか着て馬鹿だなって言われて、それが楽しくて、今でも覚えていて。それとか作品に関係しているのかもね、分かんないけど。子供のときからものの考え 方が変わっていなくて、その、うんこ、ちんことかいう感覚、もう40手前だけど。

こ れがアートという枠でやっているから良くて、でなかったら、誰かが疑問に思うとき?うちの親とか個展来ても何にも言わないのだけれども、友達とかは、す げ〜なとか。僕は何とも思わないんだけれども、やっぱり端から見たら普通の絵ではなくて、こういうのだから、そこに親が来ているのがアートだって言ってた りするんだよね。

作品を止めるタイミングはどうやって知る?
作 る時は、洋服を着るのと同じ感覚があって、このズポンとこのシャツをって鏡見て、何か違うなとか、もう少しズボンの丈が短い方がいいかとか考えるでしょ う、帽子かぶるかとか、結構それと同じ感覚でアートを作っていて。だから例えば、これはリュックを横にしてバジャイナで、ただジッパーの少し上に毛をつけ てあるだけ、シンプルでしょ、例えばこれにちょっと、こういう[おもちゃのペニスをリュックの前ポケットに差し込んで]のしたらもう駄目。他の人はこうい うことするんじゃないかと思うんだけれども、それは駄目。この[8の字のおっぱい枕と、赤いリボンのついた、低めの麦わら帽子を取って]二つは別々のもの 何だけど、こうして一緒にしたら、ダン、フィニッシュ。[麦わら帽子と、彼が被っていたミッキーマウスの帽子と代えて]ほら、二つのおっぱいは、僕の帽子 は被れない、こうしたら、面白くない。

作品はこれらの繋がりを作っている、はっきりと特定された状態を。
全ての判断はすごい的確で、シンプル。時間はめったにかからないし、作っては離れて、一ヶ月とか一週間後に戻ってきて、少し変えたり。

ようはタイミングそのものだね。


a.